ホーム > 活動 > 取引台本

取引台本

ようやく仕かける時という段階では何をおいても下準備をしなくてはいけません。

 

取引を始める前であったら相場を落ち着いて見つめる事ができる余地があります。

 

だが、ただ一度売買の内側へ深入りすると、どう試みても捉え方が主観的になりがちで肝心な時にしっかりとした見方ができなくなるリスクがあります。

 

だからあなたの頭の中が理性的な場面で準備を進めておくことが重要です。

 

この"準備"とは、始めに自分なりの物語を作る事からスタートします。

 

この先のこの通貨はこうだから、円を取引するといった、台本を書いていきます。

 

次に重要なのは為替チャートを見ましょう。

 

以前のマーケットの上がり下がり確認して、現時点の価格を確認します。

 

すると、「今日はだいぶ高い段階にあるな」とか、あるいは「もはや多くの勝負しているこれから遅れて買い(または売り)しても今さらなすすべがない」ということが見えてきます。

 

当たり前ですがもはや取引するのが遅すぎるなと感じたら、何もしないで、そこのところはすっぱりと諦めることが肝心です。

 

どうあがいても自分の筋書きを押し通そうとして、新しく注文すると外国為替相場にやられて、それどころかマイナスになります。

 

とは言ってもかなりの場合、準備が出来ている自分なりのストーリー展開を思い描いていれば、取引が遅すぎるということにはならないと考えます。

 

実際に相場が変動する前のはずだからです。

 

続いては、売り買いしようと検討している通貨ペアの変化を、把握する事が必要です。

 

仮定としてドル高が進むという物語を作成したのであれば該当する通貨の動きに気をつけておきます。

 

マーケットの変化を気をつけ始めた段階では、ドルははっきりと変動する兆しを見せることなく上下にわずかな動きを繰り返しているだけでしょう。

 

だけど、その変化をちゃんとチェックしているとある位置で少しずつ、ドル高の方向へと動き始めます。

 

この場面でようやくドル円のトレードします。

 

普通、ここまで念入りに事前の準備をしておけば、その売買で勝つ確率は結構高まるはずだ。

 


関連記事

取引台本
ようやく仕かける時という段階では何をおいても下準備をしなくてはいけません。 &n...
テスト
テスト記事です。...